• このエントリーをはてなブックマークに追加

190、000宿泊分を半額で提供する。毎日新聞ニュース、福島県より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 赤べこは会津のお土産です。アメリカ人も赤べこに興味深々?
  2. 映画『物置のピアノ』、主人公は福島県の小さな桃農家の少女。
  3. 3月11日、福島県では福魂祭(ふっこんさい)を郡山市のビックパレットで開催します。
  4. ふくしま復興大使の募集です。平成27年度。
  5. 相馬野馬追前売券 セデッテかしま先行発売

福島県は、半額旅行券を6月1日より発売する。その宿泊数は19万泊分。

観光地の豊富な福島県は、福島県内の宿泊施設で使用できる半額旅行券を6月1日より発売します。
旅行券は2種類あり、1泊1万円以上の宿で利用できる1万円券は5000円で、同6000円以上の宿用の6000円券は3000円で売り出す。いずれも1人につき原則1泊1枚利用できる。

年間を通じて観光客を呼び込むため、来年2月末まで3回に分けて販売。全国のコンビニ端末で購入できるほか、インターネットの宿泊予約サイトでも割引クーポンの形で同様の割引を受けられる。

事業費は約12億5000万円で、国の地方創生関連の交付金を活用する。【岡田英】
出稿:毎日新聞ニュース4月20日

福島県観光

福島県観光

この企画は、早い者が勝ち。早めに購入して宿泊施設を予約した方がいいでしょう。
夏休みとか秋の紅葉の季節や会津高原の一流ホテルなどは、このタイミングで予約する人が多いと思うし、旅行会社などが企画を立てるからです。
また、6月30日までのふくしまデスティネーションキャンペーンと一緒にも出来るでしょう。


スポンサードリンク
最近の投稿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください