• このエントリーをはてなブックマークに追加

仏都の奥会津の柳津町 そこに神仏を彫る微細彫刻がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 7年連続、国内最大規模のコンクールで金賞は福島にある天栄米です。
  2. 赤べこは会津のお土産です。アメリカ人も赤べこに興味深々?
  3. 昭和村の美しき廃校 この世界は、貴方にどんな感動を呼び起こすか
  4. 猪苗代ハーブ園のラベンダーが見ごろです。
  5. 西会津に新たな守り神、丞神(しょうじん)デナー参上
  6. 撮り鉄 必見、只見線。マツコもおススメ!オレしか撮れないアングル
  7. 野口英世と母の愛とは、英世が柱に刻んだ決意は誰の為に。

小さな神仏を造る微細彫刻師は、福島県の柳津町にいます。

小さな小さな極小の神仏です。
五円玉よりも小さい神仏を彫刻により造る人が奥会津柳津町にいます。この神仏を彫微細彫刻は、この地域に約四百年受け継がれております。
これは一愛に仏都の奥会津が風情が育てたものでしょうか!

微細彫刻

微細彫刻

仏都に受け継がれる、極小の神仏彫刻。

神仏彫刻微細彫刻とは、柳津町に受け継がれる極小の神仏彫刻を指します。
その大きさは、わずか0.2~3.5cmほど。ギンナンやクルミの殻をお堂に見立て、その内部にマユミやツゲなどで作った虚空蔵菩薩、七福神などの木像が納められます。その細やかな指使いは、まさに圧巻のひと言です。
記録によると、1578年にはクルミを使った小さな彫刻が作られたとか。その貴重な技術も、現在では、町内に工房を構える微細彫刻師・金坂富山氏ただ一人が伝えるばかりとなってしまいました。
柳津町は、その象徴とも言える福満虚空蔵尊圓蔵寺を中心に「仏都・会津」の一角を担ってきた地域。微細彫刻は、往事の多彩な仏教文化を現代に伝える工芸品なのです。
出稿;奥会津 歳時記の郷

地図;柳津微細彫刻 富士工房
住所;福島県柳津町大字柳津字上中平甲710
営業時間;9:00~17:00 休日;不定休 電話;0241-42-2066

資料;

奥会津 歳時記の里

奥会津 歳時記の郷


スポンサードリンク
最近の投稿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] ちなみにこの微細彫刻、これだけの繊細な作品なのに以外にもリーズナブルな価格です。 ぜひ「富山工房」に足を運んで実際の目で見てみてはいかがでしょう。 気さくで穏やかな「金坂さん」がいろいろお話してくれますよ!(^^)! shoot.blog-tokyo.com/?p=495 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください