• このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが、忘れていたことへ一光を放てた皇后さま『絵本にでてくるような桃は~』福島市の四季の里

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 猪苗代ハーブ園のラベンダーが見ごろです。
  2. 赤べこは会津のお土産です。アメリカ人も赤べこに興味深々?
  3. カップラーメン開発中の麺の元祖は、坂内食堂
  4. 西会津に新たな守り神、丞神(しょうじん)デナー参上
  5. 4月14日(土)、荻野目洋子さんらが本宮市の春まつりのために、来て下さります。
  6. 立秋は会津下郷町へ、塔のへつりとサスペンスドラマの登場人物のように
  7. 映画『物置のピアノ』、主人公は福島県の小さな桃農家の少女。
  8. 野口英世と母の愛とは、英世が柱に刻んだ決意は誰の為に。

皇后陛下が気にされた桃は、桃太郎の絵本の中の桃ですが福島市の四季の里にあります。

95’年ふくしま国体のおり、皇后さまが四季の里を訪れたさいに『桃太郎の絵本の中にでている先のとがった桃はありませんか』。と言われました。最初は、誰も知らなかったみたいですが、そこは桃の出荷では日本一のふくしま県のこの地方でしたね。すぐ近くの農家で大切に育てていたのです。

皇后さまが気にされていた桃の名は、天津桃又は天津水蜜桃とよばれています。ちなみに現在では、ほぼ絶滅状態なよう国のくだもの試験場とかでしか見かけません。また、味は酸味が強いようですね。

四季の里

天皇皇后両陛下ふくしま果樹園訪問

天皇皇后両陛下ふくしま果樹園訪問

誰もが、忘れかけていたことへ、一光をあてた皇后さま


スポンサードリンク
最近の投稿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です