• このエントリーをはてなブックマークに追加

福島県高校野球情報 組み合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 仏都の奥会津の柳津町 そこに神仏を彫る微細彫刻がある
  2. 立秋は会津下郷町へ、塔のへつりとサスペンスドラマの登場人物のように
  3. 相馬野馬追前売券 セデッテかしま先行発売
  4. 猪苗代ハーブ園のラベンダーが見ごろです。
  5. 誰もが、忘れていたことへ一光を放てた皇后さま『絵本にでてくるような桃は~』福島市の四季の里
  6. 野口英世と母の愛とは、英世が柱に刻んだ決意は誰の為に。
  7. サルバドール・ダリの芸術が福島にある。
  8. 神のままに、福島市の花見山
  9. ふくしま復興大使の募集です。平成27年度。

2017年甲子園福島県予選、組み合わせ決定

9年連続 挑む聖光学院
戦後最長となる9年連続の甲子園出場をかけた聖光学院に各校が挑む構図だ。
聖光学院は右腕森久保と今泉に加え、春の県大会決勝で完封した2年生左腕鈴木も成長。長打力がある打線は切れ目がない。昨秋の県大会を制した日大東北はエース右腕岩城を中心に守備が強化できるか。
いわき光洋は、初めて決勝に進出した春の県大会でチーム打率が3割7分超。3番佐治は好機に強い。7年ぶりに春の東北大会に出場した磐城は技巧派右腕近野と本格派左腕下宮が二枚看板で引っ張る。
県屈指の左腕星を擁する光南も注目株。今年4月に新設したふたば未来学園は単独初出場。1勝を勝ち取れるか。(永野真奈)出典:朝日新聞、高校野球

福島県高校野球 組み合わせ

福島県高校野球 組み合わせ

福島県高校野球

福島県高校野球


スポンサードリンク
最近の投稿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください