• このエントリーをはてなブックマークに追加

檜枝岐歌舞伎は、5月12日です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のアクセスランキング TOP10

  1. 会津さざえ堂の建立はレオナルド・ダ・ビンチかは、わからない!
  2. 野口英世と母の愛とは、英世が柱に刻んだ決意は誰の為に。
  3. 赤べこは会津のお土産です。アメリカ人も赤べこに興味深々?
  4. 仏都の奥会津の柳津町 そこに神仏を彫る微細彫刻がある
  5. 福島県産桃を使うキリンの覚悟
  6. 誰もが、忘れていたことへ一光を放てた皇后さま『絵本にでてくるような桃は~』福島市の四季の里
  7. ダンスで福島に大切な物を伝えるプロジェクト「タイセツナモノ」
  8. リカちゃんキャッスル 小野町のお城へご案内
  9. 物語は、ほんとうの美味しさをつくった。福島県大玉村の向山製作所スイーツ物語 ブログ風に
  10. 相馬と東京間で高速バスが利用できます。

5月12日に公演する檜枝岐歌舞伎は、国重要有形民俗文化財です。

hinoematakazuki_w

檜枝岐歌舞伎を体感する旅

各地に伝わる地芝居の中でも抜群の知名度と人気を誇る檜枝岐(ひのえまた)歌舞伎。会津高原南部にあるこの山里を毎年訪れては翌年の宿を予約していく人もいるという。なぜそんなにも人を惹きつけるのか、260年余りの長きにわたって脈々受け継がれてきた檜枝岐歌舞伎の魅力に触れるべく、5月12日に行われた奉納歌舞伎を観に訪れた。

出稿;文/清水まり、
写真/岡崎健志、取材コーディネート/門松久美子、
構成/古田秘馬、児玉結(編集部)
HP;http://www.kabukibito.jp/special/jreast/08/index.html
歌舞伎美人(かぶきと)

こちらのイベントは、たいへん混み合います。
お早めに、宿泊の予約をお薦めします。
檜枝岐のお宿
山里の春と江戸時代からの檜枝岐歌舞伎をお楽しみください。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加